CBT PLUSならスマホやパソコンで何度でも好きな時に勉強できる!
株式会社システムトラスト
06-4801-0570
09:00~18:00(月~金)

導入手順

CBT PLUSをご契約いただいて運用開始までの流れです。

運用開始までの流れ

CBT PLUSはご契約をいただいてから本稼働までに以下のような作業が発生します。
(※導入する環境、コンテンツ等によって異なる作業が発生する可能性があります。)

CBT PLUSは本稼働までに契約時点からおおよそ3カ月の期間が必要です。
(マスタデータや問題データの登録件数により前後することがあります。)

 

  • Step1

    サーバ設置

    CBT PLUSのサーバを準備します。

    ・内部方式を選択の場合は、ハードウェアの選定(新規購入・既存利用など)、仮想サーバ構築(Vmware,HyperVなど)やドメイン名の取得(サブドメイン可能)を行います。

    ・外部方式を選択の場合は、VPSサーバの契約やドメイン名の取得を行います。

    サーバー選択方式・内部サーバー方式、外部サーバー方式

  • Step2

    CBT PLUSインストールおよび接続確認

    ・サーバにCBT PLUSをインストールし、クライアントとの接続確認を行います。

  • Step3

    マスタコード体系検討および登録

    システムで利用するマスタのコード体系などを検討しCBT PLUSに登録します。

    ・組織(管理者、出題者、受験者など)、グループ、ロール(権限)を決めます。

    ・カテゴリーや分野、問題コード採番方法など問題登録に関するルールを決めます。

    ・問題集自動抽出時の設定条件、ブラッシュアップパターンなどを決めます。

    ・各種マスタデータを登録します。

    コード定義、マスタ登録イメージ

  • Step4

    提供問題登録と既存問題の移行

    提供問題の登録を行います。既存問題がある場合は問題データの移行を行います。

    ・既存の問題データの調査、移行検討を行います。

    ・カテゴリ、分野などの必要データを付加しデータ移行を行います。

    (データのフォーマットによっては移行できない場合があります。)

  • Step5

    管理者および出題者(教員)向け教育

    管理者と出題者を対象に操作説明会を実施します。

    ・管理者向けと出題者向けに2回、操作説明会を行います。

    説明会の講師

  • Step6

    試行期間、試験運用

    現行システムがない場合、試行期間を設け試験運用を行います。

    現行システムがある場合、現行システムとCBT PLUSで並行稼働を行い、CBT PLUSでの運用確認を行います。

  • Step7

    本番運用

    本番運用に移行します。

    ・学生へのID、Pass発行

    ・試験チケットの発行

    CBT PLUSの開始画面イメージ

 

 

 


「CBT PLUS」および「CBT+」 は株式会社システムトラストの登録商標です。

Translate »